ロックバンド。20007年初夏結成。


以後10年の歳月を不動のメンバーにてノンストップにて走り続け、アルバム、シングルやライヴ盤、またメインボーカルの小森・遊佐各々のソロアルバムを含む、 幾多の作品を世に残す。


同時に常に止むことなき激しいライヴ活動を展開。
主催のライヴイベントでは日本のロックの先人・偉人達を召喚することも多く(過去に灰野敬二、水橋春夫グループ(exジャックス)、割礼、原マスミ、テニスコーツ等と共演)、常に世代や時代の壁を突き破る活動を展開している。


結成10周年を迎える矢先の2017年1月のライヴを最後に、オリジナルメンバーの44O(ds)がバンドを脱退。
以後バンドは再編の為の充電期間と称し、結成以来初となる休止期間を設けることとなる。


そして結成からちょうど10周年となる2017年夏、ドラムスに高橋恭平a,k,a豚汁 (ex Far France、ex 吉田ヨウヘイgroup)を迎え、活動停止から半年振りのライヴを行い再始動。
そして2018年、新体制での初シングル『FRAGILE E.P.』発売。


以後も自主企画に韓国の若きロックバンドGoryMurgyや、伝説のSSWと呼ばれる浅井直樹氏を召喚するなど、活動の幅を広げていく。


2020年5月、突如訪れたコロナウィルスの脅威の中、4年ぶり6枚目のフルアルバム『End of the Innocent Age』が産み落とされる。


未来へ向けた祈りの如きロックンロールを、2020年、次の時代へ向け、高らかに打ち鳴らす。

壊れかけのテープレコーダーズ

小森清貴(vo, gu)
遊佐春菜(vo, organ)
shino(ba)
高橋恭平a,k,a豚汁(ds)











Copyright (C) 2007-2020 HALF BROKEN TAPERECORDERS All Rights Reserved